UEC国立大学法人電気通信大学

人や組織の意思決定を制御する理論の体系化及び制御アルゴリズムの開発

 本研究では,人や組織の意思決定をモデル化するゲーム理論の枠組みに,制御工学的プローチを応用し,所望のナッシュ均衡を実現する制御論的メカニズムデザイン手法の開発を目指しています.たとえば,複数のプレイヤーが競争的意思決定をおこなう状況(腹の探り合い)がゲームモデルで記述できるのであれば,所望の均衡状態に変化させるために必要なインセンティブを求め,制度設計や交渉などの報酬を定量的かつ具体的に提示できるようになります.これまでに,囚人のジレンマなどで多用される標準型ゲームや,意思決定の不確かさを扱えるベイジアンゲームを対象とするゲームモデルに対して,フィードバック制御系に基づいたアルゴリズムで均衡制御や信念推定法を実現してきました.

 さらに,ヒトの行動予測をより人間らしくするためには,ヒトの非合理的な側面にも焦点を当てる必要があります.そこで,感情モデルによる非合理性を内包した意思決的モデルやそのモデルに基づく設計課題についても取り組んでいます.この成果は,今後,人間らしい意思決定をするロボットやAI(ゲームプレイヤー)アルゴリズムの開発に繋がります.

 

 

 このようなに,制御工学(特に,設計論)に立脚した視点から,ヒトや組織の意思決定に係る場を解析・設計する理論的ツールの開発,および,持続可能なサイバーフィジカルヒューマンシステムの在り方について議論を進めています.

 


発表論文

  1. 金川,小木曽:フィードバック制御によるベイジアンゲームの信念推定,計測自動制御学会論文集,Vol. 51, No. 2, pp. 128-135, 2015. 
    [15briefestimation.pdf

  2. K. Kogiso: Transition models of equilibrium assessment in Bayesian game, IEEE Conference on Decision and Control, pp. 5996-6003, 2015/12/15-12/18. [ieeexplore]

  3. K. Kitagawa and K. Kogiso: Control of proclivity toward selling electricity using persuasive dialog system, SICE International Symposium on Control Systems, 2A2-2, 2016/3/7-3/10. [jstage]

  4. T. Suzuki and K. Kogiso: Steady-state analysis of autonomous system in equilibrium assessment of Bayesian game, SICE International Symposium on Control Systems, 4A1-4, 2016/3/7-3/10. [ieeexplore]

  5. N. Kitagawa, H. Hata, A. Ihara, K. Kogiso, and K. Matsumoto: Code review participation: Game theoretical modeling of reviewers in gerrit datasets, 9th International Workshop on Cooperative and Human Aspects of Software Engineering, pp. 64-67, 2016/5/16. [ieeexplore]

  6. K. Kitagawa and K. Kogiso: Filling demand-supply gap by adjusting electricity selling prices under stochastic acceptance, IEEE International Conference on Cyber-Physical Systems, Networks, and Applications, pp. 25-28, 2016/10/6-10/7. [ieeexplore]

  7. K. Kitagawa and K. Kogiso: Dynamic control of proclivity toward selling electricity using persuasive dialogue system, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol. 9, No. 6, pp. 264-270, 2016. DOI: 10.9746/jcmsi.9.264 
    [16_CtrlProclivity.pdf

  8. K. Kitagawa, M. Guo, K. Kogiso, and H. Hata: Utility design for two-player normal-form games, Asian Control Conference, pp. 2077-2082, 2017/12/17-12/20. [ieeexplore]

  9. K. Iinuma and K. Kogiso: Emotion-involved human decision-making model, Mathematical and Computer Modelling of Dynamical Systems, volume ??, Issue ??, pp. ??--??, 2021. (accepted)

 


謝辞

本研究は,JSPS 科学研究費 挑戦的萌芽研究 26630199 (2014-2016) および 挑戦的研究(萌芽) JP21K19762 (2021-2022) の助成を受けております.